エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

ライフイベント

妊婦・産婦医療費の助成について

更新日平成30年8月1日水曜日

コンテンツID018213

  妊婦等医療費助成は、母子健康手帳の交付を受けた妊婦及び出産後約2か月までの産婦の医療費を助成する制度です。

1 対象者

 母子健康手帳の交付を受けた方で、本人または配偶者が1年以上町に住所のある方。

・転入者は、本人または配偶者のどちらかが転入してから1年経過すれば、認定を申請することができます。認定を受けることにより、転入日以降にかかった医療費の助成を申請することができます。

・他市町で母子健康手帳の交付を受けた方は、転入日以降にかかった医療費が助成の対象となります。

2 助成内容

 妊産婦の認定を受けた期間(※)に、医療機関等で支払った保険適用分の医療費や食事療養費等の自己負担分。

(※ 母子健康手帳の交付を受けた日から、出産した月の翌々月末日まで)

3 助成方法

一旦、医療機関や調剤薬局等で自己負担分を支払った後に、領収書を添付して申請し、町が認定者の指定口座へ振込する。

4 申請方法

【 認定を受ける】
「おおい町妊婦等医療費助成受給者認定申請書」に必要事項を記載の上、下記窓口までお持ちください。

※添付書類

  • 健康保険者証、振込先通帳の写し
  • 母子健康手帳

 後日、認定決定通知書が届きます。

5 医療費の申請


【助成の申請をする】
 印鑑、助成を受ける医療費等の領収書を持参の上、下記窓口にて申請してください。約1か月後に指定の口座に振り込まれます。

申請窓口・

・保健福祉センターなごみ 保健医療課
・あっとほ~むいきいき館 保健福祉室
・おおい町役場 住民福祉課
・名田庄総合事務所 管理課

お問い合わせ先

おおい町保健医療課

  • 電話番号:0770-77-1155

情報発信元

保健医療課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。