エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

観光

大火勢

更新日平成19年4月1日日曜日

コンテンツID010603

約300年の伝統を持ち、連綿として受け継がれている勇壮な火の祭典

大火勢の写真
大火勢

所在地

福谷 福谷大火勢保存会

定区分・年月

県・昭和57年4月23日

概要

「公開日」8月14日・8月15日

福谷区の大火勢は約300年の伝統を持ち、連綿として受け継がれている勇壮な火の祭典であります。
火災鎮護と五穀豊穣を願って8月23日には伊射奈伎神社に、翌24日には愛宕神社に奉納されます。
長さ15メートルの桧のさおに5段の横木を付け、輪状に松明を結んで火をつけ、3回 または5回、回しては倒し、起こしては回します。火の絶えるまで続けられ るさまは豪壮華麗で、身の引き締まる思いが伝わってきます。

情報発信元

商工観光振興課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。