エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

観光

熊野神社本殿

更新日平成19年4月1日日曜日

コンテンツID010322

極めて細やかな木割を以って造営されている建物

熊野神社本殿の写真
熊野神社本殿

所在地

福井県大飯郡おおい町名田庄三重

指定区分・年月

町村・昭和47年10月

概要

「種別」有形文化財(建造物)
「管理者(所有者)」熊野神社神官・名田庄三重区
応永34(1427)年創建
(19世紀末頃に再建されたものと推定される)

こんもりとした宮の森、木枯らしの舞う外界と境して、そよ吹く風もない境内に自然の幽玄さが漂う。極めて細やかな木割を以って造営されている建物は、いわゆる三間社流れ造りで、二軒繁垂木、斗供部において二重虹梁を太塀束で組み、天竺様の木鼻と押肘木の組みの調和が見事な造形美を見せている。文治年、天文年、寛文年にそれぞれ屋根の葺替えをした記録はあるが、再建を明かす記録が存しないのは惜しまれるところである。

情報発信元

商工観光振興課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。