エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

スニーカービズで元気アップ

更新日平成29年6月14日水曜日

コンテンツID017327

 

 「スニーカービズ」とは、通勤や勤務時間中に、スニーカーやヒールの低い靴などの歩きやすい靴を履いて、昼休みに散歩に出かける、あるいは、エレベーターの代わりに階段を利用したりするなど、仕事をしながらウォーキング機会を確保する運動です。

 福井県では、「元気生活率」日本一の実現を目指して、健康づくりの新たな県民運動として、企業等と協力して「スニーカービズ」を推進し、県内事業所に対し参加を呼びかけています。

 また、県ではスニーカービズを実践する事業所の取り組みについて、情報提供を募集しています。(取り組みを福井県ホームページで紹介)

 詳細は、福井県のホームページ(新しいウィンドウで開きます。)をご覧ください。

 

 町でも、職員ひとりひとりの元気アップのため、運動に参加しています。

関連資料

PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。

情報発信元

保健医療課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。