エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

町政情報

新型コロナウイルス感染症について再度のお願い

更新日令和2年4月24日金曜日

コンテンツID019825

  新型コロナウイルス感染症について再度のお願い

 皆さんに新型コロナ感染症について再度のお願いをいたします。

 新型コロナ感染症の拡大が止まりません。世界の感染者数は270万人におよび、亡くなられた方も19万人を超えました。

 4月16日に政府は「緊急事態地域」を全国に拡大して対応されていますが、若狭町においても感染者が確認され、いよいよ私たちの身近に新型コロナウイルスが迫り来る危機感を覚えます。

 そのような中、福井県の杉本知事は明日、25日土曜日より特別措置法に基づく外出自粛や休業要請を行い、感染拡大を食い止めようとしておられます。

 先月の三連休中の人の動きと気の緩みが、現在の感染拡大を招いたことから、ゴールデンウイークを目前に控え、レジャーや帰省など、地方への感染の拡大を防がなければなりません。

 また定期検査など、大飯発電所についても人の流れなど、事業者の厳格な対応が必要であることから、大飯発電所長並びに副所長に対して、感染防止対策の徹底に加え、他県との往来禁止を基本とする要請を行ったところです。

 医療体制の弱い嶺南地方でもし感染が広がれば、甚大な被害が出てしまいます。

 そこで町民皆様に改めてお願いします。

 最大の感染予防対策は、感染地域への往来や感染地域からの帰省など、不要不急の外出を避けることや、人と会わないことです。

 命と生活を守る以外に人と会う機会をできる限り少なくしていただくようお願いいたします。

 また、どうしても人と会わなければならないときは少ない人数で、換気をよくしてください。また買い物などの時にもできるだけ人と離れるようにしてください。

 そして日ごろから手で目や鼻、口など顔を触らないように気を付けるとともに、石鹸での丁寧な手洗いや消毒を心がけてください。

 そんな毎日の行動が、あなたとあなたの大切な人達の命を守ることにつながります。

 町民皆様、お一人おひとりの最大限のご協力を心からお願いいたします。

 また、町では国や県の支援策を見極めながら、「感染と感染拡大の防止」にもつながり、広く町民皆様を支援する政策を検討しています。

 まず、政府の一律10万円の給付金をできるだけ早く皆さんのお手元に届けるための準備を行うとともに並行して、個々のご家庭において困っておられる事も様々かと思いますので、政府給付金に町独自の上乗せを予定しております。

 また、日ごろ私たちの生活や食を支えていただいている飲食業をはじめとする町内の商工事業者はその疲弊が著しいことから、福井県の「休業要請にかかる協力金」に加え町独自の支援を行う予定としています。

 このほかにも多くの感染症対策を順次講じてまいりますので、未曾有の非常事態につき、ご不安やご不満もあろうかと思いますが、町民皆様と心を一つにしてこの難局を乗り越えたいと思います。

 何卒ご理解、ご協力いただきますよう、心からお願い申し上げます。

                                    令和2年4月24日

                                       おおい町長 中塚 寛

情報発信元

おおい町

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。