エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

移住定住情報支援サイト

水産振興に従事する地域おこし協力隊を募集しています

更新日平成29年7月14日金曜日

コンテンツID017387

 おおい町の大島地域は、福井県有数の水揚高を誇る漁村集落である一方、漁業者の高齢化や後継者不足により、漁業の活力が失われつつあります。そこで、都市部の意欲ある人材を積極的に受け入れ、水産振興に従事する「地域おこし協力隊」を募集します。
 活気ある漁師さん達に囲まれながら、漁業に密着したまちづくり活動に挑戦してみませんか?

地域おこし協力隊とは?

 「都会を離れて暮らしたい」「地域おこしに関わりたい」といった思いを持つ都市部の⼈材を地域社会の新たな担い手として受け⼊れ、地域⼒の充実・強化を図る取組みです。

募集内容

■募集人員
 
若干名

■雇用形態・期間
・おおい町の⼀定継続契約(短期雇用)によるものとします。
・初年度は雇用開始⽇から平成30年3⽉31⽇までです。次年度からは年度毎に雇用することができるものとし、最⻑3年とします。

■賃金額
 1日 8,500円
 (補⾜)通勤手当の支給あり。
 (補⾜)その他、賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません

■活動内容
・魚の販売事業や育成事業
・漁船搭乗等による漁業体験
・おおい町の水産振興に関わるイベント参加やPR活動
・情報発信業務(SNS等を利用したおおい町水産業の魅力発信)
・その他漁業活性化や後継者増加に繋がる業務の企画・実践

■募集対象
・年齢が20歳以上40歳以下の方(性別は問わない)
・申し込み時点で、3⼤都市圏をはじめとする都市地域(過疎、⼭村、離島、半島などの条件不利地域を除く)に在住の⽅で、おおい町に住⺠票を異動し移住できる⽅
・活動内容を積極的に企画・提案・実⾏でき、また住⺠と協⼒しながら意欲的に活動できる⽅
・パソコン(メール、ワード、エクセル等)の⼀般的な操作ができる⽅
・最⻑3年間の活動期間終了後もおおい町に定住し、就業・起業する意欲のある⽅
・⼟曜日、日曜日及び祝日の勤務や⾏事参加、夜間の会議など、不規則な勤務体制に対応できる⽅
・地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠陥事項に該当せず、心身ともに健康で、誠実に業務を行うことができる方

■勤務条件
・雇用期間は、雇用開始日から平成30年3月31日までとし、最長3年まで延長することができます。
・勤務は毎週月曜日から金曜日までとし、勤務時間は午前8時30分から午後5時15分までとします。(時間外勤務は振替対応とします。)ただし、活動(業務)状況により変動する場合があります。
・休日は日曜日及び土曜日、国民の祝日、12月29日から翌年の1月3日までの日とします。ただし、活動(業務)状況により変動する場合があります。
・年次有給休暇は、労働基準法第39条によるものとします。
・隊員に活動のための出張を命じた場合は、おおい町一般職の職員等の旅費に関する条例(平成18年3月3日)を準用します。

■待遇・福利厚生
(補足)活動に要する経費に対し、町から予算の範囲内で活動経費を支給します。
・研修受講に要する旅費、作業用消耗品費、備品購入費等。
・勤務時間中は、ノートパソコンを貸与します。
・居住場所は町が用意し、家賃も町が負担します。
・光熱水費、通信料等については、自己負担とします。
・活動用車両のリース代及びガソリン代は町が負担します。
・健康保険、厚生年金、雇用保険等に加入します。

手続き等

■応募期間
 平成29年8月31日(木)まで
 ただし、応募が定員に達していない場合は随時期間を延長します。

■応募方法
 
郵送または直接持参してください。
 郵送の場合は、封筒表に「地域おこし協力隊応募申込書在中」と朱書きし、必ず簡易書留で郵送してください。

■提出書類
 ①応募用紙 ②住民票抄本

■提出先
 おおい町役場 農林水産振興課
 〒919-2111 福井県大飯郡おおい町本郷136-1-1

 

お問い合わせ先

 

おおい町役場農林水産振興課

電話番号:0770-77-4055  ファックス:0770-77-1289  メールアドレス:nousui@town.ohi.lg.jp

 

情報発信元

農林水産振興課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。