エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

町政情報

債務負担行為の設定について(平成17年1月20日)

更新日平成19年4月1日日曜日

コンテンツID010578

平成16年第7回定例議会において、大飯町複合型交流施設PFI事業に関する債務負担行為の設定が議決されました。

事業の位置づけ

大飯町複合型交流施設整備PFI事業は、マリンワールドのおいて「海際のにぎわい・交流空間」を演出する複合型交流施設を整備するものです。
本施設は、マリンワールドにおける第1期重点整備機能として計画されるもので、マリンワールドオープン初期におけるにぎわい創出、対外認知度の向上を図ることによって、将来的な企業進出・新規産業の定着のための起爆剤としての役割を担うものであります。

詳しい内容については、添付ファイルをご覧ください。

関連資料

PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。

情報発信元

商工観光振興課

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。