エンターキーで、ナビゲーションをスキップして本文へ移動します

暮らしの情報

毎日の食事をしっかり食べて「低栄養」や「やせ」を防ごう!!

更新日令和2年7月1日水曜日

コンテンツID019977

 高齢者は、食事のバランスが崩れると、筋肉がやせて、生活しにくくなります。また、免疫機能が低下し、ウイルスに感染しやすくなると言われています。
 夏になると、暑さで食欲が低下したり、調理がしにくかったりして、栄養バランスが崩れがちです。工夫してバランスよく食事を食べましょう。

新型コロナウイルス感染症に注意が必要な今、「食べすぎ」にも「食べなさすぎ」にも注意

 食べすぎに注意

 肥満、高血糖、高血圧など食べすぎから発症しやすい生活習慣病を持病に持つ場合、新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすいと言われています。

 食べなさすぎに注意

 「低栄養」や「やせ」は免疫機能が低下し、感染症にかかりやすいといわれています。また感染症から治癒するには体力が必要です。

 新型コロナウイルス感染症に注意が必要な期間、無理なダイエットで栄養バランスを崩すことは控えましょう。

 ごはん・野菜・肉や魚など、バランス良く食品を選びましょう。また、年齢や体格にあった適切な量を食べましょう。

 しっかり食事をして、身体を作ることは、高齢者だけでなく、全世代で必要です。家族との会話の中でお互いに確認しましょう。

 日常の食事のことで、ご質問がある場合は、町のすこやか健康課・栄養士にご連絡ください。

10食品チェックシートにチャレンジしてみましょう!

 10食品チェックシートはバランスよい食事のひとつの目安として、「積極的に食べたい10食品」が1日の食事に入っていたかチェックするシートです。

 添付ファイルをダウンロードして、1週間の食事のバランスチェックにチャレンジしてみましょう。

関連資料

PDFファイルをパソコンで閲覧するには、Adobe Reader(無料)が必要です。

情報発信元

地域包括支援センター

このページに関するアンケート

このページの感想をお聞かせください。

その他具体的なご要望、ご感想、改善点などがございましたらお問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。